ひげの脱毛方法ってどんなやり方があるの?

ひげの脱毛方法

現在主流のひげ脱毛方法は大きく分けると、3つに分けることができます。

  1. 光脱毛(美容ライト脱毛)
  2. レーザー脱毛
  3. 美容電気脱毛(ニードル脱毛、針脱毛)

それぞれの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

 

光脱毛によるひげ脱毛

光脱毛

光脱毛(美容ライト脱毛)によるひげ脱毛は主にエステサロンで行われている脱毛方法で、ひげなどの黒いものに反応する特殊な光を毛穴に照射して、毛穴の奥の毛根を処理する脱毛方法です。

 

光脱毛のメリット

痛みが少ない

光脱毛機は光の出力に制限がかけられているので、誰でも安全に脱毛を行うことが出来ます。(最近は家庭用脱毛機なんてものも売られていますが、エステサロンほどの効果はありませんのでご注意ください。)

 

光の出力に制限がかけられている分、脱毛時の痛みがレーザー脱毛や美容電気脱毛と比べると少ないです。

 

費用が安い

病院で行われる医療行為ではないため、光脱毛の費用は病院で行われるレーザー脱毛と比べると安い傾向にあります。

 

光脱毛のデメリット

脱毛効果がレーザー脱毛と比べると弱い

光脱毛で出力される光(フラッシュ)は複数の波長を含んだ光なため、1毛穴あたりの光の威力(脱毛力)が分散されてしまいます。そのため1回光を当てただけでは、またひげが生えてきてしまうため、期間を空けて複数回に渡り光を当てないと脱毛効果を感じることが出来ません。

 

通う期間が長い

上記で説明した通り、1回の施術では脱毛効果が弱いため期間を空けて何回か通わないといけません。そのため脱毛が完了するまで時間がかかってしまいます。

 

通う期間ですが、どの位ひげを薄くしたいのか、どこのエステサロンに通うのか、通う頻度にによって違うので一概には言えませんが、1年〜2年位を目安にしていただければなと思います。

 

光脱毛で施術を行うひげ脱毛サロン

光脱毛で施術を行うひげ脱毛サロンは、

  • RINX(リンクス)
  • ラ・パルレ
  • BOWZU(ボウズ)
  • メンズラクシア
  • ヴィトゥレ
  • エルセーヌMEN

などがあります。

 

レーザー脱毛によるひげ脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)によるひげ脱毛はクリニック(病院)でのみ行う事が出来る脱毛方法になります。レーザー脱毛機を扱うには許認可が必要で、厚生労働省に届出が必要です。どの脱毛機がどこの病院にあるのか国が把握しています。

 

仕組みはほぼ光脱毛と同じですが、光脱毛では複数の波長を含んだ光でしたが、レーザー脱毛は単一の波長を使った手法になるので1つの毛穴に対して光の威力が集中します。(レーザー)

 

レーザー脱毛のメリット

一度照射した毛穴からは毛が生えてこない

単一の波長を使った威力がある光(レーザー)なので、一度照射した毛穴からは毛が生えてこないと言われています。いわゆる永久脱毛と呼ばれています。ただ、永久脱毛と謳っていても一生ひげが生えてこない事を保証しているわけではないので、注意してください。

 

永久脱毛について

永久脱毛の明確な定義は、残念ながら日本ではありません。なので美容電気脱毛を行っているサロンは「美容電気脱毛こそ永久脱毛」と謳っていますし、クリニックは「レーザー脱毛こそ永久脱毛」と謳っている現状です。私たちユーザーからするとわかりづらい表記となっています。

 

アメリカでは一応定義があり、「最後の脱毛から1か月以内の毛の再生率が20%以下の脱毛」のことを永久脱毛と定義しています。どれか特定の施術方法のことを指して、永久脱毛と呼んでいるわけではなさそうです。

 

万が一のトラブルにも即座に処置出来る

レーザー脱毛はクリニックでしか行えないので、当然レーザーの照射は病院の中で行われます。ですので、万が一火傷などのトラブルがあった場合はすぐに医師が手当てをしてくれます。トラブルにも即座に処置してもらえることは、クリニックでのレーザー脱毛の大きなメリットです。

 

レーザー脱毛のデメリット

脱毛時に痛みがある

レーザー脱毛の最大のデメリットは脱毛時に痛みが強いということです・・・。まー威力があるレーザー脱毛なので仕方ないですが、この痛みが原因で脱毛を続けられないという人もいました。けど最近のクリニックのひげ脱毛は麻酔を使うことによって、最大のデメリットであった痛みを軽減しています。

 

またレーザー脱毛機の進歩していて、最新の脱毛機メディオスターなどでは麻酔を使わなくても痛みはほとんどありません。

 

費用がやや高い

レーザー脱毛は医療機関で行う施術なので、エステサロンで行う光脱毛と比較すると費用がやや高くなってしまいます。

 

レーザー脱毛で施術を行うひげ脱毛クリニック

レーザー脱毛でひげ脱毛を行うクリニックは、

などがあります。

 

 

美容電気脱毛によるひげ脱毛

美容電気脱毛

美容電気脱毛はニードル脱毛や針脱毛などとも呼ばれ、脱毛の中で最も歴史がある方法で140年以上の歴史があります。

 

美容電気脱毛のメリット

脱毛効果が高い

美容電気脱毛もレーザー脱毛と同様に、一度毛穴を処理するとかなり長い期間毛が生えてきません。

 

脱毛範囲を細かく調整できる

美容電気脱毛は毛穴の1つひとつを丁寧に処理していくので、脱毛する部分をより細かく指定することができます。ですので、ひげをデザインしたり、おしゃれな髭にしたい方にはおすすめの脱毛方法です。

 

美容電気脱毛のデメリット

痛みが強い

美容電気脱毛の最大のデメリットは脱毛する時の痛みです。針のようなもの(絶縁針)を毛穴にいれて、毛根を処理するのでちくっとした痛みと、じわっとした熱の痛みがあります。どちらも慣れることができる位の痛みだと個人的には感じましたが、痛いのが苦手な人は必ず試してから契約してください。

 

医療機関ではないので麻酔の使用ができないところも注意してください。

 

費用が高い

美容電気脱毛はレーザー脱毛と比べても高いので、安く済ませたい人にはおすすめできません。費用が高くなる理由は、毛穴を1つひとつ処理していくので時間がかかるからです。

 

ただ、ひげをお洒落に生やすデザインひげの場合は、そんなに脱毛範囲が広くなく、比較的スピーディーに仕上がるので、そこまで費用が高くなりません。

 

美容電気脱毛を行うサロンはホームページに価格が載っていないことが多いです。なぜなら、一人ひとり毛の本数も違うし、脱毛範囲も違うので価格に幅が出てしまうからです。

 

なので、流行りのデザインひげを楽しみたい場合は、費用の総額を見積もってもらうために、一度無料のカウンセリングなどを受けに行くことをおすすめします。

 

美容電気脱毛で施術を行うひげ脱毛サロン

美容電気脱毛を行うひげ脱毛サロンは、

などがあります。

 

イメージするひげ像に合った脱毛方法を選ぶ

ひげ脱毛方法を選ぶ

光脱毛、レーザー脱毛、美容電気脱毛の3種類の脱毛方法を解説してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。自分はこの方法で脱毛したい、というものは見つかりましたでしょうか?

 

どれが良いのかなかなか決められないという人は、一度あなたの家、職場の近くにある脱毛サロン、クリニックに体験脱毛しに行ってみることをおすすめします。できれば、3種類の脱毛方法全て受けてみると良いと思います。

 

実際にひげ脱毛をしてみれば、どの脱毛方法が自分に合っているのかわかると思います。ひげの濃さにコンプレックスを抱えているならできるだけ早くひげを脱毛して、自分の見た目に自信を取り戻してください。

  • 若く見られるようになった
  • 女性と堂々と話せるようになった
  • 笑顔が多くなった

あなたにもこのようになってもらえると、同じひげが濃い(今は脱毛済み)仲間として嬉しく思います。

 

 

 

ひげ脱毛を失敗しないためにトップ